【ステップ3・4】応募書類作成で磨きをかけ面接対策で自信をつける

【ステップ3・4】応募書類作成で磨きをかけ面接対策で自信をつける

ジョブカフェSAGA  2019年03月20日

応募先が決まったら、応募書類の作成です。

応募書類はただ書けばいいわけではないです。企業担当者はあなたの熱意や仕事ぶりを読み取っているからです。

事実のみ書き連ねた空白の多い応募書類より、しっかり推敲した志望動機が書かれているほうが良い印象を持たれることは明白です。とはいえ、仕事にはすべて納期があるように、応募書類作成にだらだらと時間を費やしてはいけません。自己分析を参考に準備を進めましょう。また、誤字脱字のチェックはもちろん、読み手に伝わりやすい内容になっているか、誰かに見てもらうことも大切です。

そしていよいよ面接。

身だしなみ、マナー、受け答えまで、準備すべきことは数多いです。面接日が決まってからではなく、応募先が決まったら事前準備を進めましょう。

面接は応募先企業に「採用したい」と思われるよう自分を高く評価してもらう場です。自己分析、企業研究、応募書類作成を進めるなかでの振り返りや気付きは、自信につながります。

学生や社会人経験の浅い若年者は将来性が評価されます。面接官の質問に対し、どのように受け答えするかが問われるため、練習することを勧めたいです。

佐賀県が設置した若年者就職支援施設ジョブカフェSAGAでは、グループディスカッションや面接対策講座等、就活応援セミナー開催中。個別の書類添削、模擬面接も実施中。ご利用は予約優先、全て無料。

ホームページはコチラ https://www.jobcafe-saga.info/